フロント イメージ

2020.09.14

こんにちは!ホテルエコノ小松です。

今回は、当ホテルの朝食メニューで人気のある「金沢カレー!チャンピオンカレー」について、
ご紹介します。

 

まず特徴ですが、「濃厚でドロッとしたルー」「付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている」
「ステンレス皿に盛られている」「ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける」等…です。

残念ながら、当ホテルでは、ステンレス皿の用意はございませんが…、
朝からあの人気店のカレーを食べる事ができ、評判のメニューとなっています。

 石川県民なら誰もが知っているチャンカレ(チャンピオンカレーの愛称)ですが、
その歴史は約60年以上前にさかのぼります。

1955年頃、洋食レストランのチーフコックだった田中さんがレシピを考案、
のちに独立し「洋食タナカ」を開店し、現在のチャンピオンカレーとなったそうです。

また、当時勤めていた洋食レストランの弟弟子などらが独立し、それぞれカレーのお店を開店し、
金沢カレーが広まっていったようです。

 

石川県のソウルフードとして名高い「元祖 金沢カレー!のチャンカレ」を
ぜひ、ご賞味下さい!!(ホテルエコノ小松は、おかわり自由ですよ…!!!)

チャンピオンカレー

記事一覧へ戻る