フロント イメージ

2021.05.01

みなさんこんにちは。
 
JR粟津駅から約300mのところにいしかわ子ども交流センター小松館がございます。
 
こちらには昔の本物の小型飛行機や廃線になった尾小屋鉄道の車両等がございます。
 
鉄道については「なかよし鉄道」と名付けられており、昭和59年8月1日に発車式が行われ、なかよし鉄道の乗り場から「なかよしの森」までの473m区間を、
多くの子どもたちを乗せて走っています。(乗車料無料)
 
個人的に注目したのはこの鉄道が「ナロゲージ」という点です。
 
ナローゲージとは、線路幅(ゲージ) が国際標準軌1,435mmよりも狭い(ナロー) 鉄道の事を言います。
 
その線路幅、実に762mm、昔は国内各地で運行されていましたが、昭和40年代までにそのほとんどが廃止され、
現役で残っているのは、「三岐鉄道北勢線」、「四日市あすなろう鉄道 内部・八王子線」、「黒部峡谷トロッコ電車」の
3事業者だけです。 

 
なかよし鉄道も一応は運行はしているんですけどね。
 
それくらい国内でも珍しい路線であり、先日子供を連れて電車に乗ってきましたが、めっちゃ大きなカメラを持った方が数名、パシャパシャと線路わきから
撮影をしていたのには驚きました。撮り鉄さんっていう方々ですかね(笑)
 
運行時間は以下の通りです。
水曜日    11:30
土・日・祝日 11:30、15:30
12月上旬~3月中旬までの冬季間は運休します。
 
歴史的にも貴重ななかよし鉄道、近くにお越しの際はぜひご覧くださいませ。
※運行時以外は車庫に入っており、電車を見る事は出来ません。
 
 
いしかわ子ども交流センター小松館
 
お問い合わせ
電話 0761-43-1075
〒923-0302 石川県小松市符津町念佛3-1

記事一覧へ戻る